金額のミス

カードローンの返済方法は、カードローン会社や商品に応じて異なります。自動引き落としの返済方法を利用できれば、返済について気にする必要はありませんが、自動引き落としの方法を導入していないカードローンであったり、返済用の引き落とし口座を所有していないという場合には、任意で毎月返済日までに返済を行わなければなりません。

 

こうした任意の返済時に注意したいことが、返済額の間違いです。自動引き落としと異なり、自身で振込を行う場合には、誤って本来の返済額と異なる額を返済してしまうケースが少なくありません。

 

返済額を誤ってしまった場合、額が足りなければ足りない分を充足すれば良いですが、多めに返済してしまった時は少し厄介なことになってしまいます。

 

何故かと言うと、多めに返済してしまった場合、すぐにカードローン会社に余剰分の返済を求めないと繰り上げ返済とみなされ、返済してもらえなくなるためです。もちろん繰り上げ返済を行えば、残高自体は減らすことが出来るため、経済的に余裕があれば問題ないのですが、ギリギリの生活費で生活していた場合などは困ったことになってしまう可能性があります。

 

また、仮に返済してもらえる場合であっても一度振込を行っていますので、返済のための手数料を銀行に支払う必要があります。