契約の名義

専業主婦がカードローンやキャッシングでお金を借りる場合、大きく分けて2つの方法があります。

 

まずは、専業主婦が自分名義でカードローンやキャッシングに申込みをして、お金を借りるという方法です。そしてもう1つは、配偶者の名義でカードローンやキャッシングに申込をして、お金を借りるという方法になります。

 

前者の場合、まずは専業主婦でも申し込めるというカードローンやキャッシングに申し込みをしなければなりません。「申し込めない」と明記をされているのに、一縷の望みをかけて申込をしたところで、申込の時点で断られて「申し込みブラック」となってしまうのがオチです。申込の約款などをよく見て、専業主婦でも申し込めるかどうか、確認をしましょう。

 

後者の場合、まずは配偶者の同意を得ないといけません。専業主婦が他人名義のカードローンやキャッシングを勝手に申し込むことはできません。少なくとも、本人の身分を証明する書類がなければなりません。

 

クレジットカードであれば、本人カード以外に家族カードというものが発行されますが、ローンカードの場合それはできません。配偶者にしっかりと説明をして、配偶者に申し込んでもらうことが重要となります。